楽なバイト

屋形船バイトの評判を徹底調査!屋形船のバイトってきつい?楽?

こんにちは、病院で看護師をしています、リコと申します。
私は、大学生に入ったと同時に、屋形船でのアルバイトを始めました。
採用してもらったのは、うどんのつるとんたんで有名なカトウプレジャーグループが運営する屋形船でした。

始めたきっかけは、たまたま大学の横の川に屋形船が走っていて、目に止まったからです。
そして、珍しいアルバイトなので、とても楽しそうだと思いました。
とても働きがいのある、楽しいアルバイトだったので紹介したいと思います。

屋形船のバイトの仕事内容は?

屋形船の中での接客が中心になります。
お客様が船に乗る前に、船の中の簡単な掃除、お皿や料理の準備をしてからお客様を迎えに行きます。
お客様が乗船してからは、ドリンクを作ったり、お客様にドリンクや料理を提供したりします。
他にも船内の説明や、観光地をマイクを使って案内したりしていました。

基本的に、毎日が宴会のお手伝いです。
色んな会社や、警察官、学校の先生や消防士など様々な職業の方が乗船していました。
芸能人の方も珍しくありません。
毎日、色んなお客様が船に乗りにくるので、どんなお客様が乗ってくるのか、それも毎日の楽しみとなっていました。

お客様が降りた後は、船内の片付けをします。
綺麗に掃除をした後は、船を乗船場に返しに行き、そこで解散となっていました。
基本的には船内でのバイトになりますが、体調が悪い日は、船内の業務ではなく、陸にある調理場でのお手伝いも可能でした。

屋形船アルバイトの時給は?交通費は支給されるの?

交通費は、全額支給されていました。
時給は、私が働いていた当時は1000円でした。
乗船の準備に2時間、お客様を乗せて走る時間が2時間、片付け1時間と5時間の勤務になります。
1日で5000円は稼げるバイトだったので、お給料は良かったです。

そして、土日になると、多く日で4組予約されている時があります。
こういった日は、長い営業時間となります。
が、お給料はしっかり貰えましたし、休憩もちゃんと交代でとれるようになっていたので、問題ありませんでした。

屋形船アルバイトのシフトの条件は?

シフトの条件は、週に3回くらい働ければ良いという話でした。
そして、桜のお花見シーズンや、忘年会シーズンは忙しいので、その時期になるべく入れるようにしてほしいとの事でした。

ちなみに、屋形船なので、お客様を乗せてしまったら途中では帰れません。
なので、1回シフトに入ったら途中で帰らずに最後まで居るように言われました。
ですが、大学の試験前などは事前にお願いしておくと、最後の片付けはせずに、お客様と一緒に下船しても良いと言ってもらえました。
なので、融通はきいてもらえる環境でしたね。

屋形船アルバイトの楽しいところ3選

屋形船のアルバイトをしていて「楽しい!」と感じたのは次の3点ですね。

  • お客様と一緒に楽しめる
  • チップがもらえる
  • 芸能人に会える

まず、お客様から「一緒にビンゴゲームに参加してほしい」、「一緒にカラオケを歌って欲しい」と言われることが多かったです。
一緒に参加して遊べますのでとても楽しい時間を過ごす事が出来ていました。

さらに、一緒にカラオケに参加したりすると、お客様はチップをくれる事が多かったです。
屋形船は普通のアルバイトと比べると、チップを貰える機会がとても多いと思います。
1週間に1、2回はチップを貰っていました。

また、上記でも述べましたが、屋形船は川上でのプライベートな空間。
ですので、芸能人の方が利用する事も多かったです。
有名な芸人さんや、アイドルが来ることも良くありましたね。
お願いをすると一緒に写真を撮って貰えました。
珍しいお客様に会えるのも屋形船だからこそだと思います。

屋形船アルバイトのきついところ3選

屋形船アルバイトできついと感じたことは次の3点です。

  • 慣れるまでは酔う事もある
  • お客様も酔ってしまう
  • どんなお客様か分からない

船は川上なので基本は、波がないので揺れません。
ですが、船と船同士がすれ違う際に、波が起き揺れてしまうのです。
慣れるまでは、これで酔ってしまう事もありました。
ですが、働いていると1ヶ月もかからない内に慣れました。

が、私達が波に慣れてしまっても、お客様はお酒も入っています。
なので、波が起きると酔ってしまう方がいました。
そういった方は、外で吐いてしまう事も多かったので、後処理が大変でした。

ちなみに、お客様はどんな方でも、1度乗船すると2時間は一緒に回る事になります。
とても騒がしいお客様や、暴れてドリンクをこぼしてしまうような、少し訳ありのお客様でも最後まで乗船しなければいけません。
なので、接客に疲れる日もありましたね。

経験者が語る!屋形船アルバイトの面接対策とは?

面接では、「接客を出来るかが大切だ」と言われました。
「接客が苦手でも、接客を頑張っていこうと思っている、やる気があれば良い」と。
屋形船は閉鎖された空間で、お客様との距離も近いですし、他府県から観光で来られている方なら質問も沢山されます。
なので、接客をしっかりしてもらいたいとの事でした。

私は、他のアルバイト経験を話したり、「将来は看護師になりたいのでコミュニケーションは大切にしたいと思っている」と話しました。
すると後日に面接合格の電話がきて、3日後に初出勤する事になりました。

やはり、接客業務が中心で、観光案内等のマイクパフォーマンスをする事もあります。
なので、人前で話せる事をアピールすると面接は合格しやすいと思います。

屋形船アルバイトの恋愛事情は?

バイト内は、20代の子達が多かったのですが、バイト同士での出会いと言うよりは、お客様との出会いが多いです。
お客様から電話番号やLINE等の連絡先を渡される事は多かったです。
これは私だけではなく、他のアルバイトの女の子達もよく渡されていました。
これは、お客様との距離が近く、貸し切りで他のお客様が居ない屋形船ならではだと思います。

アルバイト達の中には、仲良くなったお客様と実際に後日遊びに行き、お付き合いしている子もいました。

屋形船バイトの評判を徹底調査!屋形船のバイトってきつい?楽?のまとめ

観光地を案内したり、お客様と話したりする機会が多いです。
なので、人と話すのが好きな方には本当に楽しいアルバイトだと思います。
ですが、逆にお客様との距離が本当に近いので、接客が苦手でやる気のない人には難しいアルバイトだと思います。

私は、このアルバイトで接客や言葉遣い等、基本的なマナーを学ぶ事が出来ました。
これは、カトウプレジャーグループという大手が経営する屋形船だったので、研修もしっかりしていたからこそですね。
社会人になる前に、屋形船のアルバイトで楽しくマナーを学ぶのもおすすめですよ!