楽なバイト

ケーズデンキバイトの評判を徹底調査!ケーズデンキのバイトってきつい?楽?|クレーム対応はつらいの?

こんにちは!ガリバーといいます。
今は社会人として営業をしております。
毎年年末年始になると、なぜか大学時代に「ケーズデンキ」でアルバイトをしていたことをリアルに思い出します。
きっと学校がお休み&年末年始手当がつくということで、ここぞとばかりにシフトを入れて稼ぎまくっていたからでしょう。
今回はケーズデンキのアルバイトについて紹介します。
もし、電気屋さんでのバイトってどんな感じ?と興味を持ってくれる人がいれば参考にしてください。
ケーズデンキのアルバイトはとても楽しい思い出ばかりです!

お祝い金1万円!最短翌日振込
>>マッハバイトで家電量販店の求人をチェック

ケーズデンキのバイトの仕事内容は?

基本的に業務内容に社員さんとアルバイトの大きな違いはありません。
ケーズデンキのアルバイトは次の5つの業務から成り立っています。

  • 接客
  • 発送手配
  • レジ打ち
  • 掃除
  • 倉庫(バックヤード)の整理

まず、接客です。
来店したお客さんの所に行き、どんな商品が欲しいかヒアリングします。
欲しい商品が決まっているお客さんの場合であればその商品の売り場まで案内します。
例えば「冷蔵庫が欲しい」という所まで決まっているものの、「どのメーカーのどのサイズ」はこれから決めるというお客さんの場合、メーカーや商品ごとの特徴について簡単に紹介します。
ただしこの商品の特徴についての説明ですが、メーカーが主催する勉強会に出ている社員さんと比べるとどうしても知識が薄くなりますので、詳しい説明を求めているお客さんには社員さんを紹介します。

あと、配達が必要な商品を購入したお客さんの場合、配送のための手続きを行います。
伝票に必要事項を記載してもらい、配送業者とお客さんの都合が良い日を合わせます。
夏場のエアコンなどは取付業者のスケジュールもいっぱいなので、都合を合わせるにあたっては苦労しました。

加えて、レジ打ち業務もケーズデンキのアルバイトの大事な仕事。
ただし家電量販店の場合、値引きする場合もありますから、社員さんが言った値段に価格を変更しレジ打ちします。
この点が普通のアルバイトのレジ打ちとは違う点かもしれませんね。

最後に、店内の掃除もバイトの役目です。
店舗内の倉庫に保管してある家電商品の整理も業務の一つですね。
きちんと整理整頓しておかないとどこになんの商品があるかわからなくなるので、マメにメンテナンスします。

ケーズデンキアルバイトの時給は?交通費は支給されるの?

私がアルバイトしていたケーズデンキは愛知県でした。
当時平日昼間は800円、17時以降は850円でしたね。
休日はさらにアップして、昼間850円、17時以降は950円でした。
今ではもう少しアップして、1000円は超えるみたいですね!

基本的に研修期間というものはなく、最初から同じ時給をもらうことができました。
年末年始の繁忙時には手当として時給が200円アップしました!
たかが200円ですが、それでも学生にとっては大金です。
ここぞとばかりに必死で働きました!

交通費ですが、私は自転車通勤でしたのでたしか50円もらっていました。
公共交通機関で通勤している同僚は基本的に実費ですべてもらえていました。

ケーズデンキアルバイトのシフトの条件は?

シフトに関しては本当に自由でした。
前の月までにシフトを組んでくれる社員さんに、「シフトに入りたい日付と時間」を連絡するだけ。
「テスト期間なので入れない」と言えば、「わかりました」の一言で終わりましたのでとても助かりました。

ただし、アルバイトが殺到する日時は、「人が足りているから」といって削られることもありました。
例えば、平日の昼間などは安定してシフトに入れるパートタイマーの方が優先です。
なので、基本パートさんがお休みしないと入れないって感じですね。
ただし夏休みや冬休みなど学生が昼間にもシフトに入れるような期間に関しては、何かしら余計に仕事を作ってくれました。
なので、平日昼間も入ることができました。

ケーズデンキアルバイトの楽しいところ3選

このバイトで楽しいところは以下の3点です。

  • 家電に詳しくなる
  • 体が動かせる
  • 割引価格で買える

まず家電に詳しくなるという事について
いつも家電を見ているので自然と詳しくなります。
特に社員さんと仲良くなると、家電について色々な話を聞かせてくれるので、勝手に詳しくなっています。
これは自分が家電を購入する時にとても役に立ちます。
購入するにあたりどこを見ればよいのか、ということがわかります。
メーカー毎の基本スタンスというものがわかりますし、自然と故障が多い機種やメーカーもわかるようになります。
またなんでもかんでも機能がてんこ盛りの最新の機種が本当に必要なのか?という厳しい目で見れるようになるので、無駄な出費が減ると思います。

次に体が適度に動かせる点です。
家電は重たいものばかり。
当然運搬するのは若い男性スタッフ、すなわち男性アルバイトです。
給料をもらいながら筋トレができる、と考えれば最高の仕事ではないでしょうか?
このアルバイトをするようになって腕が太く、たくましくなりました。

最後に家電が割引価格で購入できるという点です。
アルバイトも社員割引で販売してもらえます。
家電の一般販売価格は実は結構利益が乗っているのですが、ギリギリのサービスプライスで販売してもらえます。
パソコンやプリンターといったデジタルもビックリするくらいの格安で販売してもらえたのでとても助かりました。

ケーズデンキアルバイトのきついところ3選

このアルバイトで辛い所は以下の3点です。

  • クレーマーが多い
  • 体力的にキツイ時がある
  • 接客業なのでファッションに制約がある

基本的に家電というものは高額な買い物です。
そのため購入するお客さんの中には威張っているお客さんもたくさんいます。
「○○万円の商品を購入してやるのだから、ちゃんと接客しろ」といった感じです。
もちろんこちらも丁寧に接客するのですが、時には滅茶苦茶なこと(「エアコンの取り付けはサービスでやれ」など)を言ってくるお客さんもいます。

また商品に対するクレームも多く、喧嘩腰で怒鳴り込んでくるお客さんもたくさんいます。
こちらはメーカーの商品を販売しているだけ。
作っているわけではないので、怒られても困ります。
ですが、お客さんにとってそんなことは関係ありません。
ヤクザのようなお客さんに「土下座しろ!!」とすごまれた同僚もいます。

次に重たいものが多いので、体力的に疲れる時があります。
倉庫の整理などで重いものを一日中運んでいると、腕がプルプルになり、翌日筋肉痛で辛いです。
そんな日はバイトが終わって帰るとクタクタで、何もやる気になりません。

最後になりますが、接客業なのでファッションに制約があることです。
髪の毛を染めたり、伸ばしたりということが基本的にできません。
大学生といえば髪型をお洒落にしたい時期ですが、派手な髪形はNGです。
これは地味に辛かったですね。

経験者が語る!ケーズデンキアルバイトの面接対策とは?

面接のポイントですが、基本的に特別なことは何もありません。
求人情報を見てアポイントメントをとり、指定された日時に店舗の中の事務所に行き、採用担当者と面接します。
聞かれることは

  • なぜ応募したのか?
  • どのくらいシフトに入れるのか?
  • 土日はシフトに入ってもらえるか?
  • 接客業だから髪型やファッションの制約があるけど守ってもらえるか?

といったところです。
よほどのことがない限り、面接で落とされるということはありません。
が、接客業なので受け答えがきちんとできないと落とされるかもしれませんね。

面接に合格するためのポイントは、

  • きちんと面接する人の質問に答える事

これだけです。

どの職種も同様だと思いますが、ぶっきらぼうだったり、笑顔が少なかったりするとNGだと思います。
面接に行く格好も、普通の格好で問題ありません。
といってももちろん、短パン、Tシャツという格好は辞めたほうがよいでしょう。
あくまでも常識の範囲内で。

ケーズデンキアルバイトの恋愛事情は?

バイトの年齢層は、大学生が圧倒的に多いです。
女性のアルバイトもたくさんいますし、出入りも激しいので出会いはたくさんあります。
バイト同士で交際している人たちも少なくありませんでした。
バイト同士も仲が良く、飲み会やバーベキューをすることも時々ありました。
夏休みには近くの公園で花火をしたこともありましたね!

実際に私もバイト先で出会った女性とお付き合いしていた時期がありました。
ただし別れた後、同じ職場で働くのは辛かったです。
結局女性の方が辞めてしまいました。

ケーズデンキバイトの評判を徹底調査!ケーズデンキのバイトってきつい?楽?|クレーム対応はつらいの?のまとめ

このバイトがおすすめできる人は

  • 家電に興味がある人
  • 人と接するのが苦手ではない人
  • 体力に自信がある人

ですね。
やはり家電に興味がないと辛いと思います。
興味があると自然と商品の特徴が覚えられます。
家電は似たような商品ばかりですし、家電の知識が頭に入ってないと、お客さんに何か聞かれたときも、その都度自分より詳しい人を探しに行かなければいけないのは大変です。
繁忙時などみな忙しいのでお客さんを待たせることになってしまいます。
が、「家電に詳しくなりたい!」という熱意がある人には天職かもしれません。

接客業なので、人と接するのが苦手な人は厳しいでしょう。
アルバイトとはいえ、「相手の話をきちんと聞いて理解する」、「相手が期待する返答をする」といった最低限のコミュニケーション力は必要です。
これができないとお客さんに怒られます。

家電は重たいものが多いので、体力に自信がない人にとっては厳しい仕事でしょう。
特に男性の場合、自然と力仕事を要求されますので大変です。
女性なら体力に自信がなくても大丈夫です。

最後に、上記の内容を踏まえて、もう一度まとめると、このバイトがおすすめできない人は

  • 家電に興味がない人
  • 人と接するのが苦手な人
  • お洒落な髪型をしたい人

です。

家電に興味がない人、人と接するのが苦手な人は、おすすめできる人の裏返しですから省略します。
接客業ですから、アルバイトといえども奇抜な髪形はNGです。
あまり派手な色に染めるのはもちろんNGです。
男性の長髪も「次のシフトまでに切ってきてください」と言われてしまいます。

マッハバイトで家電量販店のバイトに応募して、お祝い金をゲットしよう!


アルバイトを探すなら、マッハバイトがおすすめです。
「バイト情報サイトなんてどこも一緒でしょ?」、あなたはそう思うかもしれません。

ただ、マッハバイトであれば、

  • 採用されるとお祝い金をゲット(最大1万円)

っていう仕組みがあって、アルバイトに採用されるだけで最大1万円のおこづかいがもらえちゃいます。

他のアルバイト情報サイトでも、お祝い金がもらえるサイトはあります。
が、マッハバイトは振込がとにかく早い
振込が数か月後になる他のアルバイト情報サイトと違って、マッハバイトは最短翌日にお祝い金が振り込まれます。

ちなみに、マッハバイトを利用する際には登録作業が必要。
ですが、これはたった3分で完了します。

ケーズデンキのバイトに興味を持ったなら、今すぐ下記のリンクから求人を探してみましょう。

お祝い金1万円!最短翌日振込
>>マッハバイトで家電量販店の求人をチェック