楽なバイト

ケーキ屋バイトの評判を徹底調査!ケーキ屋のバイトってきつい?楽?

こんにちは、現在専業主婦の佐藤と申します。
この記事を書いている12月の大イベントといえば、クリスマスですよね。
私は学生時代、個人経営のケーキ屋さんでアルバイトをしていたのですが、クリスマスのケーキ屋さんは戦場です・・・。
かわいらしいケーキを売りながらも、スタッフは戦に臨んでいる気分でした。
そんなケーキ屋さんアルバイトの実態をご紹介したいと思います!

ケーキ屋のバイトの仕事内容は?

仕事内容は、ケーキの販売がメインです。
お客さんからの注文を聞いて、ケーキをトレーに乗せ、確認してもらいます。
確認ができたら、持ち歩きの時間を聞き、箱詰めをします。
その後レジを行い、会計を済ませます。

販売以外にも、予約受付を行います。
店頭で予約される方はもちろん、電話での予約の方も多く居るので、電話の対応能力も必須です。

また、私がアルバイトをしていたお店は、店内でケーキを食べたり、コーヒーを飲むことができました。
そのため、カフェで行っているような仕事もあります。
コーヒーはコーヒーメーカーで入れたり、カフェラテなどの泡は自分でたてたりなど・・・。
アルバイトに慣れてくると、パティシエの店長からラテアートを教えてもらうこともできました。

また、ケーキ以外にも焼き菓子を販売してました。
なので、お客さんが買いやすいように様々な価格帯でのギフトセットを作ったり、ラッピングをしたりしました。

ケーキ屋アルバイトの時給は?交通費は支給されるの?

福島県の個人経営のケーキ屋さんでアルバイトをしていました。
アルバイトをしていた当時、福島県の最低賃金は705円でした。
そのため、アルバイトの時給は720円でした。
現在は772円になっているようです。

福島県でのケーキ屋さんのアルバイトは、今でも800円を切る場合が多いです。
チェーン店ですと繁忙期には時給があがったりする場合があります。
が、個人経営だとあまり望めないかと思います。
面接の時点で、歩きで通うことを伝えていたので交通費は支給されませんでした。

ケーキ屋アルバイトのシフトの条件は?

シフトは毎月中旬ごろに、店長の奥さんにlineをして連絡します。
「この日は入れません」、「この日は入りたいです」という旨を伝えれば都合に合わせてくれました。
お店の求人には「週3~」という条件が書かれていました。

が、学生は休日や、午後からシフトを入れてくれることが多かったです。
テスト期間にもしっかり対応してくれました。

来月のシフトが決まり次第、lineのグループで発表されます。
社員さんが平日の開店から15時まで必ず入ってくれていたので、午後にアルバイトの人が入って、閉店作業をするという感じでした。
大体一日平均で6時間ほどはシフトに入れました。
クリスマスやバレンタインなどの繁忙期には7時間、8時間シフトを入れてもらうこともありました。

ケーキ屋アルバイトの楽しいところ3選

ケーキ屋さんのアルバイトでの楽しいところは、

  • 人の笑顔が見られる
  • お客さんと仲良くなれる
  • ラッピングが楽しい

の3つでしょうか。

ケーキを買いに来るお客さんは、大体が記念日だったり、贈り物を選びに来た方が多いです。
大切な一日のために、こだわったケーキの予約をする人も居ますし、楽しそうにケーキを選ぶ方がほとんどです。

アルバイトしていたお店では、こだわったデコレーションケーキが人気です。
食用インクでキャラクターや似顔絵を印刷したケーキ、手書きでキャラクターを描いたケーキ、ケーキがキャラクターの形になっているものもあります。
普通のケーキも全然普通じゃなくて、かわいい花形のチョコレートで飾り付けされていたり、ラメが入ったキラキラのコーティングがされていたり、とってもかわいらしいんです。
楽しそうに選ぶお客さんとは、自然と会話がはずみ、何度も来店してくれる方や、お子さんとは特に仲良くなれます。

ケーキ以外にも様々な価格帯の焼き菓子ギフトを売っています。
それを自分で作ったりもするのですが、そのラッピングもとっても楽しいんです。
ラッピング技術は、アルバイト以外にも、私生活で人にプレゼントを贈る際にちょっとした飾り付けができるなど、とっても役に立ちますよ!

ケーキ屋アルバイトのきついところ3選

ケーキ屋さんのアルバイトできついところは、

  • クリスマスが忙しい
  • バレンタインも忙しい
  • 箱詰めに時間をかけられない

の3つでしょうか。

カフェ営業などをしていると、どうしても午後3時頃には忙しくなります。
また、仕事を終えた人たちが立ち寄る夕方の時間帯も混みあいます。
休日は一日中お客さんが来ます。

それと比べものにならないほど忙しいのが、クリスマスとバレンタインですかね。
クリスマスは、ほとんどが予約されたお客さんです。
予約時に会計を済ませてある人ばかりなのでレジはあまり混まないのですが、予約したケーキは一度お客さんに確認してもらうんです。
店内は狭いですし、場所もあまりありません。
クリスマスには、お店の外まで長蛇の列になります。
東北の寒い冬、外で長時間待たせるわけにはいきません・・・。

クリスマス以外にも、お客さんを待たせてはいけないと思い、箱詰めは急いで行います。
慣れるまでは難しいですが、慣れるとスピーディーに箱詰めできるようになります!

経験者が語る!ケーキ屋アルバイトの面接対策とは?

面接ではいろいろな質問をされると思いますが、特に

  • なんでこのお店を選んだのか
  • シフトはどのくらいはいれるのか

が重要です。

今後の進路、職業に生かしていきたいと考えている人は、その旨をしっかり伝えましょう。
シフトに関しては、ケーキ屋さんは平日夕方、休日に客さんが多く来店します。
その時間帯に入れるように工夫するなどすれば、採用してもらいやすくなります。

見た目は清潔にしましょう。
ケーキの中に髪の毛や爪が入っていたら、大問題です。
面接の時にも、髪の毛の長い人はしっかり結んでおくこと、顔の横の部分は耳にかけておきましょう。

爪は短く切ってください。
ネイルはやめましょう。

チェーン店に多いのですが、制服で帽子をかぶる場合があります。
なので、髪の色は派手すぎなければ問題ない場合が多いです。

ケーキ屋アルバイトの恋愛事情は?

アルバイトは学生がほとんどです。
男性は店長一人だけでした。
ケーキ屋さんは、女性なら誰しも一度は憧れる仕事ですよね。
なので、若い学生のアルバイトが中心でした。
主に大学生は、講義の履修の仕方でシフトがあけられるし、一日中休みを作れるので、働きやすいかと思います。
社員になると、主婦の方が増えます。

残念ながらアルバイト内での異性との出会いは期待できません・・・。
ですが、来店してくれるお客さんは男女関係なく多いので、もしかしたら、そこで出会いが期待できるかもしれませんよ!

ケーキ屋バイトの評判を徹底調査!ケーキ屋のバイトってきつい?楽?のまとめ

ケーキ屋さんのアルバイトは、人との関りが欠かせない仕事です。
なので、

  • 人と話すのが好き
  • 人の笑顔を見ることが好き

そんな方にはとっても向いていますよ!

逆にケーキ屋さんのアルバイトに向いていない人は、

  • 人と話すのが苦手な人
  • 細かい作業が苦手な人

でしょうか。

ケーキ屋さんは箱詰め、ラッピングなど、細かい作業も多いです。
最初のうちはケーキの扱い方や、ラッピングなど難しい仕事も多いですが、すぐに慣れます!

ケーキは誕生日、パーティーなど、大切な一日には欠かせないものですよね。
お客さんにとっての大切な一日を彩る、そして笑顔になってもらうためのお手伝いをするお仕事です。
人と話すのが大好きな人、人の笑顔を見ることが大好きな人はぜひ、ケーキ屋さんでのアルバイトがおススメです!